横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック ご挨拶 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 診療理念 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 診療科目 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック ご案内 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック スタッフ紹介 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 院内写真 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 最新情報 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック トップに戻る 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック

星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック神奈川県横浜市保土ヶ谷区
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック星川2-4-1 SFビル3F
045 - 336 - 2662

診療予約受付番号(24時間)
045 - 340 - 2662
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
救急・薬・サプリメントに関するQ&A循環器に関するQ&A
糖尿病に関するQ&A呼吸器に関するQ&A消化器系に関するQ&A
脳血管障害に関するQ&A外科に関するQ&A
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック

横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
夜中に急に具合が悪くなりました。どうしましょう?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市はその日の救急病院が当番で決まっています。まず横浜市の医療情報センターに問い合わせて当番病院を聞いてください。(tel:045−201−1199)、もっと急を要するときは119番で救急車を呼んでください。救急対応に慣れた彼らは脳卒中と思ったら脳神経外科当番医へ、心臓と思ったら心血管センターへ、または救急救命センターへと搬送しますのでまず任せて良いです。いつも通院している病院を希望する場合は救急隊員に「そこに行きたいのだが」と聞いてみて下さい。病院に受け入れ態勢を問い合わせてくれます。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
*救急車を呼ぶほどで無ければ

桜木町の横浜市夜間救急センターが夜の8時から12時まで開いています。市民病院、船員保険病院、済生会病院など直接電話で問い合わせて自分で受診することも可能です。

*迷ったら当院に電話をいただければ代表電話は院長の自宅に転送になります。相談してください。

横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
休日に症状が出ました。どうしましょう?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
各区には開業医達が当番で出勤している休日急患診療所があります。普段から確認しておいてご利用ください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
具合が悪くなったのに星川内科外科クリニックの予約が取れません。予約が無いと診てくれないの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、拝診します。ご心配掛けてすみません。急患用に朝8時半から開ける当日予約の枠があります。それもいっぱいになったら、直接受診下さい。いらしてくださった方は必ず全員診せて頂きます。基本は予約診療なので待ち時間は予約の方より長くなることをお許しください。ただし、心臓発作疑い、脳卒中疑い、喘息重症発作など重病の方はスタッフに申し出てください。適時判断いたします。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
どんなときに、院長、副院長のどちらを受診したらいいの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
院長は内科一般、特に生活習慣病を得意にしています。外傷などはもちろん外科で副院長ですが副院長は消化器専門医でもあるので消化器内科、特に画像診断が得意です。でも実はいつも二人で相談しながら診療しているのでまずはどちらを受診しても良いですよ。こちらの判断で担当医を交代することもあります。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
医者から出た薬は全部飲まなきゃいけませんか?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、薬にはいろいろあります。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
【きちんと時間毎に飲まないと効かない薬】
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック抗生物質、糖尿病、心臓の薬 など
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
【予防のため飲む薬】(1回忘れてもどうということは無いがなるべくきちんと飲まないと予防効果が出ない)
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック喘息や血圧の薬 など
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
【症状に合わせて自分で判断する薬】
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック風邪薬、頭痛薬 など
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
自分の薬がどうなのか医師に聞いて下さい。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
薬を飲む時間は必ず守らなくてはいけないの?忘れたらどうするの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いろいろです。実は一日のうちいつ飲んでもいい薬、忘れたら思い出したときに飲んでもいい薬、食事と関係の無い薬などいろいろあります。でもきっちり時間や食事との関係が決まっている薬もあるのです。医師が処方箋に書いた時間にきっちり飲める方は良いのですが、なかなか難しい人は一度医師に相談してください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
漢方薬は副作用がないの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、有ります。効く薬は体の何かを変えて効果を出すわけですから、変えた事に対する反作用は多少は出るはずです。実際、漢方薬でも間質性肺炎、低カリウム血症、高血圧などが報告されています。よく効く薬はどれも副作用に注意しつつ、上手に最低量を使うべきです。そして効かない薬は使うべきではありません。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
妊娠したら薬は絶対ダメよね?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、使う必要性が使う危険性より高い場合は使った方が良いのです。その場合、これまでの研究や経験から妊娠時に安全性が高いと世界的に評価を受けた薬をなるべく使います。まず医師に相談をしましょう。軽い風邪程度ではもちろん薬は使いません。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
例1) 母親の高熱は高熱そのものに催奇形性の危険があるためアセトアミノフェンなどの安全な薬で熱を下げた方が胎児へ悪影響は減ります。
例2) 肺炎など治療をしなければ母親の命が危ない場合は抗生物質が必要です。
多くの抗生物質が胎児に危険性がほとんど無いと証明されています。
例3) 気管支喘息は母親が発作を起こすと胎児は低酸素にさらされ危険です。軽い発作も我慢していると、胎児は慢性の低酸素血症となり十分に発育が出来ません。今は安全性の高い発作予防方法があります。積極的に治療を受けましょう。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
お勧めのサプリメントは?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
一般の日本人は女性はカルシウムと鉄分が不足気味、男性は野菜、繊維が不足気味とされています。思いあたりが有る方はそれらのサプリはOKです。でもやはり食事で取るのが一番。牛乳コップ1杯、ひじき、アサリなど海産物、黄緑色野菜を一掴み。これを心がけて頂ければサプリメント不要です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
許容のサプリは?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
人間に有効だという科学的Dataが何も無いけど動物実験や理論的には有効で、今のところ健康被害の報告も無いのはグルコサミン、コンドロイチン、キチンキトサンとコエンザイムQ、プロポリス、かなと思っています。よって止めません、が勧めません。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
止めた方がいいサプリは?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ただ健康に良いと言うもの、免疫力アップを謳うもの、なんとかエキスなどたんぱく質が含まれるものは危ない。たんぱく質は長期に服用するとアレルギーが出やすい。誰かに効いたというものは体質の違う人が飲めば逆に毒になる可能性があります。昔その健康食品が貴重品で少量飲めば確かに良かったものでも、大量に毎日飲めば毒になり得ることは、薬開発の歴史から見ても当たり前ですよね。どんな良い薬でも何にでも効く万能薬であるはず無いのも冷静に考えれば分かります。
 自然界の食品から採ったから、植物性だから、という方もいますが、自然界のものには収穫の限度や季節性があったはず。一年中、昔は考えられなかったほどに大量に摂取するのが本当の自然でしょうか?そんな人体実験は行われた歴史は有りません。本当に安全なの?誰にも分からないことに大金を払って自分の体で実験することは無いですよね。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ダイエット食品ならいいでしょう?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ダイエット食品には 良心的なものでも栄養阻害薬が入っているのは当たり前です。口に入れていると日に日に痩せるということは昔で言えば毒ということです。普通の商品には、下剤、利尿剤と似た成分が入っているでしょう。質の悪いものは、甲状腺末、興奮剤が入っている可能性があり危険です。残念なことに質の悪いものほど毒性が高く、一時的にでもよく効くので、怖いです。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
Q&A MENUに戻る横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック

横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
健康診断で初めて血圧が高いと言われました。怖いのですぐ薬を飲みたいのですが?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
あわててはいけません。本当に高血圧ですか?まず本当の高血圧か、治療が必要か、生活療法でコントロールできないか?二次性高血圧と呼ばれる原因がある高血圧でないか、薬を飲む前に考えることがいくつかあります。健康診断の結果表を持って受診してください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
薬を飲み始めると一生止められないと聞きましたが?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
そうとは限りません。塩分を控えたり、余分な体重を減らしたり、ストレスを上手に回避したりすることでお薬を止められる方はかなりいます。季節によって(たとえば寒い冬だけ)服用している方もいます。ただし、本態性高血圧は(二次性高血圧と違って)体質的な要素が強いので、薬を止めればまた元どおり高くなる方も多いです。その場合でも薬に慣れて止められなくなるのではなく、薬を使わないと高いから薬を使うわけです。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
不整脈という診断を受けたのに薬がいらないといわれて不安なのですが?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
不整脈の検査が手軽になった10年ほど前には不整脈の診断がつくとすぐに薬を飲む時代がありました。ところが経験と研究の結果、今は多くの不整脈が薬を飲む必要の無いものだと分かりました。薬が必要な不整脈とは、1)長く持続して胸部の不快感を生ずるもの、2)短くても意識の消失を呼ぶもの、3)動いているときに症状が増える、4)ホルター心電図(24時間心電図)で危ない不整脈に移行しそうな波形が見られるものです。きちんと検査を受けた結果、薬が要らないと診断されたのならあまり心配しない方がよいですが、1)2)3)の症状が出たら再検査が必要です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
コレストロールが高いとダメですか?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ダメじゃないですよ。コレステロールは細胞膜やホルモンの成分で、とても大事です。これが少ないと体が不調になり脳出血も多くなります。でも高すぎると脳梗塞が増えたり動脈硬化を進めます。ではどのくらいが良いのか、それは人によって違います。検査用紙の基準値は健康な人の平均値であって、目安にはなりますが、病気や治療の基準にはなりません。自分の体に合った値を知りましょう。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
Q&A MENUに戻る横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック

横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
何にも症状が無いのにどうして血糖が高いといけないの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
動脈硬化性疾患といわれるものは、高血圧も、高脂血症も、そして糖尿病も, 通常は自覚症状はありません。脳卒中や心筋梗塞が起きたり、失明や腎臓透析になって始めて自覚するのです。先人の残したデーターを見ながらどのくらいにコントロールしたら、重症な病気への進展を防ぐことができるのかを考えて予防していくしかありません。症状が出てからでは遅いのです。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
そんなに太ってないし、ご馳走も食べてないのに糖尿病になるの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
日本人は欧米人に比べて6倍も糖尿病になりやすいそうです。民族的にインスリンをたくさん作れないし、血糖に反応してすばやくインスリンを分泌する能力も遅いからだそうです。同じ日本人でもその能力に差があり、これを糖尿病になりやすい体質といいます。体質を持っている人は太っていなくても注意が必要です。肉などのいわゆるご馳走でなくても食べ過ぎてカロリーが余ればやっぱり悪影響です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
体質だけ?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
体質プラス暴飲暴食で血糖を上げると、膵臓がインスリンをたくさん分泌して血糖を下げようとします。でも適当な治療や食事療法をせずさらに血糖を上げると、さらにインスリンが分泌されます。こうして働きすぎた膵臓が疲弊し分泌量が減ると急に悪化します。まだ分泌量は多くても体側がインスリン過剰に慣れて反応が悪くなった場合(インスリン抵抗性といいます)も、インスリンが相対的に不足し糖尿病が悪化します。後は悪循環!生活習慣病と呼ばれる理由です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
インスリン注射はどんなときに始めるの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
今は良いお薬がいろいろ出ています。生活療法と種々の薬を組み合わせる事でインスリン自己注射を始める時期をかなり遅らせることが出来るようになりました。
ただし、インスリンの分泌が無い、又は少ない方は不足を補う注射をしなければなりません。インスリン分泌の多い方も、ヘモグロビンA1cがどうしても8%以下に下がらない場合は導入した方が良いです。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
注射を始めたら一生でしょう?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
そうとは限りません。自分の膵臓が疲れてインスリンの分泌が減ってきたという方は、ひどくなる前に注射による外からのインスリン補充で、少しの間自分の膵臓を休ませてあげればまた膵臓が元気を取り戻してインスリンを分泌するようになり、注射を止めることも可能です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
私はインスリンの分泌は多いのに注射を勧められたのはなぜ?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
インスリン分泌の多い方も、ヘモグロビンA1cがどうしても8%以下に下がらない場合は導入した方が良いです。しっかりした治療で血糖が一時期でもしっかり下がると、体の悪い慣れ(インスリン抵抗性)が減って、少量のインスリンでも良く反応するようになるからです。つまり前述の“悪循環”断ち切るのです。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
インスリンって面倒で痛いのでしょう?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
注射の器具も進歩し、針もとても細くなり、自己注射はかなり簡単に、ラクになりました。自分のインスリン分泌量が多い方は血糖が安定したらまた注射を止めることも可能です。気軽に使える時代です。ちなみに自分のインスリンの分泌量は検査で分かります。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
2〜3日節制して検査を受けたら血糖はすぐ良くなるから簡単?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、医者はだまされません。2〜3日節制したら血糖はいい値になります。でも月に1日だけ良い血糖なのは良いコントロールとは言えませんよね。だから私たちが注目しているのは“ヘモグロビンエーワンシー=HbA1c”です。これは月単位で変わっていく指標で検査の1-2ヶ月の食前、食後を含めた血糖の平均値に比例します。これが良くなって初めてコントロールが良い方向と言えるのです。このHbA1cが6.5%以下なら糖尿病の合併症はほとんど起きないといわれています。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ズバリ、糖尿病のコントロールの目標値は?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ズバリ、HbA1c 6.5%以下です!!  大体の血糖で言えば、毎日の平均空腹時血糖が120mg/dl以下で食後2時間血糖値では180mg/dl以下です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
Q&A MENUに戻る横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック

横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
風邪かな?と思ったら早く風邪薬を飲めば早く治るのでしょう?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、 風邪薬を飲んでも飲まなくても風邪の治るまでの期間は変わりません。(約4〜5日)。風邪はウィルスでおきる感染症ですが現代医学では風邪のウィルスを殺したり減らしたりする薬はありません。それが出来るのは自分の体に備わった免疫の力です。風邪薬はつらい熱や咳、痛みなどを和らげて体力の消耗を防ぐために利用しているしのぎの薬です。一番効くのは休養。ウィルスは乾燥と冷気が好きですから、マスクなどで咽頭の保温と保湿を心がけましょう。また疲れているときに体を冷やさないようにしましょう。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
抗生物質は風邪の特効薬?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、 風邪のウィルスを殺す薬はありません。抗生物質は細菌に対する薬です。ウィルスで体力を消耗するとこじらせて(二次感染)弱った場所に細菌が増えてきます。そこで抗生物質の出番になります。こじらせたかなと思ったときは医師に相談してください。
 早く抗生物質を飲んでも下痢やアレルギーなどの副作用が出ては無駄のみばかりか害になる可能性もあります。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
■ 抗生物質の服用タイミング
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
風邪からならば 高熱3日、微熱4〜5日、または黄色い痰や鼻水で服用開始
そのほか化膿性扁桃腺炎、気管支炎、肺炎、膀胱炎、化膿性の傷などに使います
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
2週間も咳が治まりません?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
長く続く咳は嫌なものですね。数ヶ月間普通の咳止めをのんでも治らないといって当院へ受診される方が最近増えています。その中で最も多いのは咳喘息です。(次のQ&A参照)他には慢性気管支炎、喘息、薬の副作用、胃食道逆流症、副鼻腔炎、気管支結核などなど・・・。いろいろな原因を考慮しつつ、治療を進めましょう。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
咳喘息ってどんな病気?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
慢性の咳の原因として多い疾患です。医師がこの病気を知らないと長期間咳止めを服用しても診断はつかず、治りません。2週間以上特に夜間の咳が続くときはこの病気の可能性があります。長引く感染症と症状は似ていますが、炎症所見が乏しく気管支拡張剤が有効なのが特徴です。効果が不十分であれば吸入ステロイドを使います。
薬をやめた後再発しやすいのもこの病気の特徴で、再発を繰り返すと約3割の方が慢性気管支喘息に移行するといわれ注意が必要です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
気管支喘息と診断されましたが我慢出来る間は薬を飲みたくないのですが?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
お気持ちは分かります。でも喘息のように、気管支の敏感さが体質として基礎にある疾患は早めに治療しないとだんだん悪くなります。ほとんどの患者さんは発作のごく初期から自分で分かります。その発作のスイッチが入ったときにすぐ、サッと気管支拡張剤を使うと本格的発作に進まないですみます。ゼーゼーという発作になってからは十分に薬を使わないとなかなか治まりません。長い目で見ると早期に拡張剤の吸入などで対応したほうが服薬量は少ないのです。もちろん発作を起こさなければさらに良いですよね。今は良い予防薬が普及して発作ゼロで快適に暮らしている方が多いのですよ。我慢は一番損です!
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
その良い予防薬ってなに?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ステロイド吸入薬です。聞いたことあるでしょう?全世界的に喘息の基本薬として認められています。ステロイドとは言っても内服薬や塗り薬と比較して、体内に吸収される量が非常に少ないのでいわゆるステロイドの副作用はほとんど認められません。それなのに喘息を必ず一ランク良くします。妊婦さんや心臓などの弱い方には一番に使います。小児にも適応が通りました。副作用はほとんど無く、効果は確実な非常に信頼できる薬の一つです。(その意味では良い薬ランクの横綱級)でもこれは予防薬であって気管支拡張剤ではないので発作時に使ってもすぐ楽にはなりません。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
じゃあ、発作になったらどうするの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
まずβ-刺激剤(サルタノールやメプチンエアー)でひどくなる前にサッと止めましょう。加えてお手元の気管支拡張薬を飲んでも良いでしょう。ステロイド吸入を使っているとその軽い発作も必ず減ってきますよ。でも風邪を引いたときや、疲れているとき、季節の変わり目などは用心するときです。お手元に使い勝手が分かっている薬を予備として持っていたほうが良いでしょう。まだまだ喘息の新米さんは医師とよく相談して段々コツをつかんでください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
喘息治療のコツって?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
発作ゼロ作戦の遂行です! 具体的には予防をしっかりして、発作がおきそうになったらサッと発作を解除すること。万が一発作にまで進行したら、十分治療して、慢性化を防ぐことです。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
Q&A MENUに戻る横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック

横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
下痢と吐き気。市販の下痢止めを使っていいですか?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、 原因が食中毒(細菌)でも おなかの風邪(ウィルス)でも治療法は基本的に同じです。まず1日目はしっかり吐いたり下したりして原因になっているものを体の外に出してください。下痢止め、吐き気止めは初めから使うと原因菌やウィルスを体の中に引き止めて治りを遅らせます。また吐き気が強いときには何を飲んでも吐いてしまいかえって消耗してしまいます。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
下痢のときは何も口に入れないのがいいの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、半日がすぎて吐き気が落ち着いてきたら水分を補給してください。口から水や食べ物を入れると反射で胃腸が動くので胃腸の安静が保てず症状が悪化します。でも水分は取らなければなりません。食べ物は体の中に多少たくわえがあるので数日食べなくても構いませんが、水分は余分が無いので補給しないとすぐ脱水になります。少しずつ、胃腸をだましだまし、そしてトータル量は十分摂取するのがコツです。一日食事が取れないときは2リットルくらいを目安にしましょう。脱水になると異常にだるくなり吐き気がひどくなって悪循環になります。そんなときは点滴が必要です。
 脱水が改善すると「食べたいな」という気になるので、そうしたら食べたい量の半分から食事もスタートしてください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
長年、胃十二指腸潰瘍に悩んできましたが完治すると聞きました。本当?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
はい、胃や十二指腸潰瘍の原因はそのほとんどがピロリ菌によるものであることが明らかになっています。ピロリ菌は子供のころに感染し、胃に慢性的な炎症を起こすことで胃や十二指腸潰瘍の原因になるだけでなく最近では胃がんの原因としても注目されています。当院では平成7年にピロリ菌の治療(除菌療法という)を開始しました。これまで500人以上の除菌を施行し大きな成果を挙げてきました。実際当院には胃や十二指腸潰瘍で通院中の方はきわめて少数です。鳥肌胃炎(胃の出口のほうの粘膜がぶつぶつして鳥肌様に見える。胃がんの発生率が高い)の方にもお勧めしています。治療は特に難しいことはなく、2種類の抗生剤と代表的な胃潰瘍薬であるタケプロンを一週間服用していただくだけで約7割の方で除菌が成功します。特に大きな副作用はありません。ただペニシリン系の抗生剤が含まれるのでペニシリンにアレルギーのある方や除菌中禁酒を守れない方は除菌療法はできません。欧米では20年前に除菌療法開始後に逆流性食道炎が増えたとの報告がありましたが日本ではほんの少数です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ピロリ菌ってなに?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
1982年にマーシャルらによって胃の中で発見された細菌です。それまでは胃の中は強い酸性なので細菌など住めるはずがないと考えられていました。この細菌が胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因であると確定され、最近ではそれらの疾患の治療にはまずピロリ菌の除菌療法が勧められるようになっています。マーシャルはこの発見により2005年ノーベル賞を受賞しました。それほどの大発見だったのです。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ピロリ菌を持っていると癌になるの?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、ピロリ菌を持っていれば胃がんになるかといえばそんなことは決してありません。でも最近では胃がんの一因と認められるようになってきています。ただ日本人の中高年の半数以上がピロリ菌を持っているので、症状もなく胃潰瘍になったこともなく内視鏡的に胃の中がきれいな状態であればいまのところ除菌は勧めていません。かえってピロリ菌を退治したことによって逆流性食道炎を起こすことがあり、食道裂孔ヘルニア(胃の入り口がゆるんでしまっている方)がある方は慎重な対応が必要です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ピロリ菌は子供や孫にうつるのですか?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
いいえ、うつりません。しかしピロリ菌をお持ちの方が子供に口移しで食べさせたりすることは避けるべきでしょう。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
Q&A MENUに戻る横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック

横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ふらふらします。脳卒中かな?めまいかな?どこを受診すればよいですか?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
脳神経外科へ救急車で 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 強い頭痛、手足のしびれや動きの悪さ、ろれつが回らない、のいずれか一つでもあればすぐに脳神経科の救急外来へ行ってください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
耳鼻科の通常外来へ 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 耳鳴り、耳痛、聴力低下を感じたら、耳が原因のめまいの可能性が高いです。本来めまいは耳鼻科系の病気です。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
内科へ 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 上記のいずれも当てはまらず体重減少などがある場合は内科で相談しましょう。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
頭痛がつらいのですが?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
原因によって治療が違います。まずは原因探しを。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
くも膜下出血 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック いきなり始まったかつて経験の無い頭痛はまず脳神経外科を受診してください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
脳卒中 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 手足のしびれや動きの悪さ、ろれつが回らないなどの症状を伴う場合
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
緊張性頭痛、大後頭神経痛 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 肩こりに伴って頭が重く感じられる頭痛、首を動かすと頭皮にズキーンとした痛みが走る場合。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
片頭痛 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 季節の変わり目や体調不良のときに徐々に痛くなり、ひどくなると寝込んでしまう頭痛は片頭痛が考えられます。ズキンズキンと拍動がしたり、吐き気や腹痛、発汗などの自律神経症状を伴うことも多いです。光を眩しく、また音をうるさく感じることもあります。段階に応じて予防薬、特効薬など種類があります。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
Q&A MENUに戻る横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック

横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
手や足を捻挫した。外科?整形外科?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
整形外科を受診してください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
手を切った。どうしよう?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
まず水道水で付着した汚れをしっかり洗い流します。これが大事です。次に清潔な(滅菌してある必要はありません、普通の洗濯をしたもので結構)タオルなどを当てます。出血があるようなら傷を直接圧迫して止めます。注意することはこの際に消毒薬を使わないことです。キズの細胞にダメージを与えて治りを悪くします。特にキズドライ、イソジン、マーキュロ、マキロンなどは用いないでください。
次に絆創膏(キズパワーパッド、バンドエイドなど)を張ります。
小さなキズならそれだけで自然に治りますが大きなキズであったり出血が止まらなかったり、動物に咬まれたり引っかかれたキズの場合は受診してください。その場合はまず当院の予約電話(336-3266)に電話してください。当院は予約制なので予約の空いた時間がないとケガの処置ができません。時間の調整をいたします。また調整がつかない場合は他の病院をご案内いたします。外傷の処置は非常に時間がかかるものなのです。処置をお引き受けした限りは最善の方法で全力でがんばります。他の患者様の待ち時間が長くなることはお互いにご了承ください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
当院に受診したほうがよいのははどんなケガ?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
動物(ヒトを含む)によって咬まれたケガ
出血が止まらないケガ
赤くはれて化膿しているケガ
傷口が大きいケガ
アンカなどによる低温やけど
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
出血はどうやって止める?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
ほとんどの出血はキズを真上からタオルなどで圧迫すれば数分で止まります。数分圧迫してそっとタオルを取り、まだ出血があるようなら当院へ電話してください(336-3266)むやみに足の付け根や指の付け根を圧迫して止血し、長時間放置したりしないようにご注意ください。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
キズは乾燥させたほうが良いってほんと?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
うそです。湿った環境にキズを保つことが速く治すコツです。キズが出来たらまずは水道水でよく洗い、消毒せず、絆創膏を貼る。これが正しい。逆に最悪なのが、汚れがついたまま消毒薬をかけてガーゼをかぶせてキズの表面を乾燥させる。ガーゼが水分を吸い取ってしまいキズが乾燥します。かさぶたの下で細菌が繁殖します。ガーゼ交換のたびに猛烈に痛い上、せっかく治りかけている表皮細胞をはぎ取ってしまいます。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
キズはぬらしてはいけない?
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック 横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
まったく間違いです。当院ではキズはもちろん手術後の縫合創も48時間経過した後は必ず入浴していただき、キズも石鹸で洗うように指導しています。これまで他のほとんどの病院でキズはぬらしてはいけない、化膿するよ、と説明されてきた患者様にはなかなかわかりにくい面もあるかと思いますが、当院では最近10年間はこの方法でキズの処置や手術を施行していますが、化膿したことはありません。
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
Q&A MENUに戻る横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック
横浜市保土ヶ谷区|消化器科・内科・循環器科|星川内科外科クリニック